菅一乗のブログ『往生極楽のみち』

人生を丁寧に、そして一生懸命に生きていく

Category: Other  

九州北部豪雨から1ヶ月過ぎました

この度の平成29年九州北部豪雨 水害に際しましては、皆様から御丁重なお見舞いを賜り、まことにありがたく御礼申し上げます。



5年前の九州北部豪雨の被害を上回り、私どもでは避難するのがようやくでした。家も一部、床上まで浸水しましたが、家族全員が無事だったのが幸運だったと存じております。周辺では全壊・半壊・床上浸水を含め、またお亡くなりになった方もいらっしゃいました。



現在は徐々に落ち着き始め、災害当初からライフラインもありましたので暑い思いもせずに過ごしております。裏山から流れてきた大量の土砂、流木も片付けの目処が立ちましたし、り災証明の手続きも終わりましたので、どうぞ御休心のほど願いあげます。



まずはとりあえず御礼まで。

Category: Other  

ご無沙汰しています

皆様、ご無沙汰しています。
「菅一乗死亡説」との噂が関西や中国地方から聞こえてきましたので、取りあえず生きているというご報告をさせて頂きます(笑)










7月5日に起きた平成29年九州北部豪雨の際は、多くの方にご心配をお掛けし申し訳ございませんでした。本当に酷い水害でした。5年前の水害(平成24年九州北部豪雨)とは桁違いです。


改めまして、この度の大分、福岡、大雨災害により被害を受けられました皆様方に謹んでお見舞い申しあげます。
一日も早い復旧、復興を心よりお祈りしております。











近所の方も被災されました。幼なじみのご両親も濁流にのまれお亡くなりになりました。全壊や半壊、床上浸水は当たり前の状態です。いくつかお目にかけられる写真だけ以下にアップしようと思います。
(知り合いの家の写真や、近所の皆様の家が写ってる写真もありましたが、あえてその写真は控えさせて頂きます。)











SAM_0135.jpg


SAM_0128.jpg


SAM_0105.jpg


IMG20170725165214.jpg


IMG20170725164357.jpg


IMG20170725164157.jpg


IMG20170725163726.jpg


IMG20170725163708.jpg


IMG20170725163603.jpg


IMG20170725163304.jpg










※正直に写真も撮れないほど酷い場所がほとんどです。カメラを向けるのも気が引けるような場所が多いのが事実です。









しかし、自衛隊の皆様や他県から応援で来られた消防の皆様、そして大勢のボランティアの方々が、毎日35度以上の猛暑が続く中、懸命に作業をして頂き、本当に頭が下がる思いです。ありがとうございます。










私はと申しますと・・・お盆が近いと言うこともあり、お盆参りや初盆参りを開始しています。今年も8月15日まで忙しいのですが、川沿いにお住まいになられてるご門徒様のご自宅は仏壇が流されたり、床上浸水で畳を上げた状態だったりと、お参りできないご家庭もあります。










今回の水害は激甚災害に指定されました。しかし、景色が変わってしまった町を見渡すと、大変なのはこれからだと感じます。前向きに前向きに気持ちを持ってこの窮地を乗りきろうと思います。
Category: Other  

不便がゆへに・・・

私が住んでいる大分県日田市の駅周辺に、最近マンションが新しく数棟建ちました。職もない、大学もない、若者は居ない・・・なぜそんな過疎の進む町にマンションが建つのだろうと意味がわかりませんでしたが、マンションを購入された方は実は同じ市内に住んでる方だと言う事が最近わかりました。











マンションを購入された方は全員と言ってよいほど高齢の方で、もともとは農村部にお住まいの方々です。その理由は買い物や役所に行くのが大変だからです。理由は何故か?高齢になると運転免許を返納します。田舎なので近所にスーパーもコンビニもありません。銀行に行くにも近所には支社すらATMすらありません。バスも電車もありません。そういった方々は子供達が実家に帰った際に買い物に連れて行ってもらい、数週間分の食料を買いだめします。でも、まだそれは良い方で、子供や親戚が遠くに居る人たちはその都度高いお金を払ってタクシーで買い物に行かれます。どれだけ不自由な事か・・・











私も農村部に住んでいますが、まだ車を運転できるからあまり問題ではありません。『もし免許がなかったら』と思うと、私はどうやって生活すればよいのでしょうか・・・高齢者の方達も他人や近所の人に買い物など頼むのは億劫だと思います。しかし私の家の近くにお住まいの高齢者の方達はそういった問題がすでに起こっています。さぞかし大変不便な思いをされてる事と思います。











実はそういった問題で悩まされてきた高齢者の方々が日田駅周辺のマンションに同じ市内から引っ越しされたと聞いた時は、こうなる前にもっと行政で何か出来なかったのかと感じます。それと同時に、農村部には空き家が目立つようになってきました。これから10年後、20年後の私の家の近くはどうなるのでしょう!?そして、私も免許を返納するような年齢になった時、どうやって生活していけばよいのでしょう!?
Category: Other  

やってしまった (>_<)

塀にぶつかった

歯医者に行くのが怖くて、ドキドキしながら運転してたら・・・やってもうた~!









歯医者の前にある違う病院の塀に車をぶつけてしまった・・・(T_T)











音がして、中から看護師さんが出てきて言われたのは「気にしなくて良いですよ~











「ありがとうございます」と言いながら、せっせと倒れた塀を手で起こしたのは言うまでもない・・・
Category: Buddhism  

鐘突き堂登り口

鐘撞き堂上がり口

お寺の山門の上にある鐘突き堂。毎年、除夜の鐘では多くの方がこの橋を登って鐘を突き、一年で溜まった煩悩を振り払います。当寺の鐘突き堂に登る橋は、以前から手すりが片側にしか無く、また下が丸見えだったので恐怖感を感じられる方も多くいらっしゃいました。










そこで、数年前から近所に住まれてる大工さん(近所では松っちゃんと呼ばれています)に「両側に手すりと、階段の下が見えなくなるようにしてください」と依頼していました。その大工さんは現場である当寺の鐘突き堂まで足を運ばれて工事の計画を立てられていましたが、本当に残念な事ですが、その大工さんが昨年、不慮の事故でお亡くなりになりました。










しかしこの度、そのお亡くなりになった大工さんの意志を継ぐ業者様がお寺に来て頂き、鐘突き堂の登り口を見事に改修して頂きました。お亡くなりになった大工さんの思いが込められてると思うと、それはもう嬉しくて嬉しくて!これから除夜の鐘を突きに来て頂いた方は恐怖感なしで上り下りできます。業者様ありがとうございました。そしてお亡くなりになった松ちゃん、あなたのおかげです。本当にありがとう!南無阿弥陀仏
1
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 08