菅一乗のブログ『往生極楽のみち』

人生を丁寧に、そして一生懸命に生きていく

Sort by名称未設定_0

Category: 名称未設定_0  

I like this old Chinese songs.

I like this old Chinese songs. Listened to this song on YouTube. Good song and video. Have you ever been to Hongkong? I have been to Guilin China, but never been to Hongkong. I want to go to Hongkong.
I would like to eat a lot of delicious foods And, I want to see Jackie Chan & Sally yeh.
I need to sing this song in Karaoke with my wife :)

私はこの古い中国の歌が好きです。YouTubeでこの歌を聞きました。歌と映像がいいです。皆さんは香港へ行ったことがありますか。私は桂林へ行ったことがありますが、香港には行ったことがありません。
私は香港に行きたいです。私はご馳走を食べたい。そして私はジャッキー・チェンと葉蒨文に会いたいです。
私は嫁とカラオケでこの歌を歌う必要があります :)




Category: 名称未設定_0  

みんなマレーシアに行っちゃった!

レース関係の皆さん、みんなマレーシアに行っちゃいました!週末のレースのためです。そしてFacebookで「昨日はこれを食べました」とかアップしてるもんだから、食欲がそそられる~!ボクも行きたくなりましたよ。レース観戦じゃなくて食事に(苦笑)


クアラルンプールには美味しい屋台街やレストランが沢山あって、日本に比べると物価が安いので美味しい物を沢山食べる事が出来ます。一番の楽しみ方は大人数で屋台に行き、いろんなお店から自分たちのテーブルに様々な料理を運んできてもらうのがいいです。


jalanalor.jpg

塩焼きしたエビ、蒸したカニ、油で揚げた魚(沼魚も美味しいです)を冷えたビールで流し込む!ありとあらゆる具材を入れた鍋をつつく!KFCより美味しい鶏を頬張る!その他、サテーという焼鳥や麺類、炒飯なども美味しいです。


今度誰か一緒に行きませんか?KLはレースとか仕事で行くんではなく、食事に行きたい町です(笑)
Category: 名称未設定_0  

Autopolis 2&4 Race の感想をいくつか その2

前回に引き続き、2&4 Raceの感想。


まず最初に、阿蘇市長が今年もサーキットに来場され、ST600とFormula-Nipponの、大会の開催宣言を担当されました。いつも感じる事ですが、阿蘇市長のパフォーマンスは素晴らしいの一言に尽きます。阿蘇市長のような方が、現代の若者の心を掴むと私は確信しています。私は日田市民ですが、頑張って阿蘇市長!応援しています。


次にロードスターカップ。見ててこんな楽しいレースは他にはないと感じます。(実際に走ってる方はもっと楽しいかも!)優勝候補と予想してた佐賀の”ガバい・ハミルトン選手”こと原選手は本家のルイス・ハミルトン選手と同様に、予選一発のタイムでポールポジションを獲得されました。しかし、レースは本家、今年のマクラーレンと同じで安定性を欠き・・・優勝は江口さん。普段から一生懸命練習され、研究されてる方が一番速くて強いという結果でした。


ロードスターCUPに参戦されてるドライバーの皆さんは本当にマナーがよいです。ギリギリの攻防戦がコースの至る所で繰り広げられています。WTCCの縮小版のような感じかな?それから、”ガバい・ハミルトン選手”は絶対に天性の速さがあると私は感じました。レース当日はサロンパスを貼り忘れたという疑惑も・・・!?


最後にFormula-Nipponです。このレースは国内最高峰のレースと言うだけあって、人もマシンも全てが素晴らしいの一言に尽きます。優勝した塚越くんも、2位に入った伊沢くんも昔一緒に底辺カテゴリーを戦った仲ですが、彼らはその時代から明らかに速かったです。いまでは強さも備え、オートポリスでは彼ら2人にとっても、チームにとっても、またホンダにとっても最高の結果だったと思います。



Category: 名称未設定_0  

Autopolis 2&4 Race の感想をいくつか その1

日田市内が川開き観光祭で賑わってるころ、同じ市内の上津江町オートポリスではフォーミュラー日本、ST600、ロードスターカップが開催され、各レースとも激戦が繰り広げられていました。


イベントを通じ、色々と書きたい事は山ほどあるのだけれど、その中でいくつか強烈に印象に残ってる事があります。


まず一番印象に残ってるのが、オートバイのST600クラスで優勝したデチャ選手(Thailand)です。今回のレースは決勝が2回行われる2ヒート制で、彼は両レース共に優勝しました。見てて単純に、彼は「速くて強かった」と言うのが第一印象です。ミスもなければ隙もない、完全にデチャ選手が支配したレースだったと言えます。走り慣れた日本人の選手と何が違うのか?なぜASIAの選手は速いのか?





以前から私は「ASIAの選手は速い」と、このブログでも書き続けてきましたが、最近ではただ速いだけでく、精神的な強さも感じるようになりました。デチャ選手の相棒、チャランポン選手(Thailand)も速くて強い選手です。今回のレースはそのタイ人2人が主役でした。残念ながらチャランポン選手は怪我でリタイアされましたが、強烈な印象を残していったのはまちがいありません。





私なりにいろいろ考えてみると、ライダーは皆さん速いのだけれど、ASIAとか、日本人とかに限らず、世界に出て闘うライダーはみんな速いと言うことに気づきました。その理由は、PETRONAS Asia Road Racing Championship で走ってる藤原選手や清成選手の結果を見てみれば一目瞭然です。


私たちは日本国内にいて「ASIAの選手は速い」って感じても、もしかしたら、ASIAでは「日本人の選手は速い」って思われてるかもしれません。結局、若い年齢のうちから積極的に海外に出てレース活動することの重要性を感じるわけです。


もっと考えてみると、同じ事は4輪レースの世界でも言えます。日本から世界に出て走ってるカムイ選手も、佐藤琢磨選手も、吉本くんも速いだけではなく、みんな強い精神力を身につけています。逆に日本に来てレースをしてるオリベイラ選手やロッテラー選手、デュバル選手はみんな速いですよね!


自国を出て、海外で闘う。それだけで背負ってるモノが違うと言うことです。それが速さと強さの秘訣かな?と、今回のオートポリスのレースを見て思い始めました。

Category: 名称未設定_0  

The Lady のDVDを入手!

以前にもブログで紹介しました、ミッシェル・ヨー主演の"The Lady"という映画、7月下旬に日本でも公開予定の作品ですが、一足先にDVDを入手しました!


The Lady DVD

ビルマ民主化運動のリーダーであり、その非暴力による民主化・人権をめざす闘いを評価され、1991年にアジア女性としては初のノーベル平和賞を受賞した、アウンサン・スーチー。 長きにわたり自宅軟禁生活を強いられながらも、強い意思を持ち続ける彼女の姿は、日本でもたびたび報道され、多くの人に知られている。軍事政権との苛酷な闘い、民衆を魅了したしなやかな強さ、そして遠く異国の地で引き裂かれ、その死にも立ち会うことが叶わなかったイギリス人の夫との深い愛。常に明日への希望を持ち続ける彼女の半生と知られざる物語を描く。(作品資料より)


字幕は英語とフランス語。"Japanese"が無いのが残念でしたが、英語の勉強だと思い、購入しました。


いざ再生してみたら・・・











Drive DVD

なにこれ・・・The Ladyじゃないじゃん!


パッケージもDVDの表面もThe Ladyとなってるのに、再生したらDriveって・・・


だまされた。東南アジアらしいと言えばらしい!?


7月の映画公開まで待とう!
1
2
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
> < 04