FC2ブログ

菅一乗のブログ『往生極楽のみち』

人生を丁寧に、そして一生懸命に生きていく

Sort byBuddhism

Category: Buddhism  

2018秋・彼岸

PIC_2018092218055810.jpg

平成30年9月22日(土)、真宗大谷派 空楽寺にて、秋の彼岸法要が勤修されました。
早朝までの大雨が見事に上がり、綺麗な青空の下で秋彼岸を迎え、多くの御門徒様に参詣頂きました。









PIC_201809221805513.jpg

今回の彼岸では、「本尊そして法名とは」と言うタイトルで法話を担当させて頂きました。少し難しいお話しですが、本尊のお話しに移る前、御仏壇の説明や仏具の呼び方、配置などを表にした資料を配付させて頂き、皆様と一緒に本堂にある仏具を一つ一つ紹介させて頂きました。










PIC_201809221805524.jpg

本尊

真宗の本尊は阿弥陀如来、そして名号としての南無阿弥陀仏です。

真宗における絵像や木像の阿弥陀如来像は、必ず立っておられます。今にも私達に向かって歩み出そうとするそのお姿は、「何時でも、誰であっても、必ず救う」というお心を伝えています。

また蓮台に立っておられるのは、蓮は泥の中でも綺麗な華を咲かせることから、煩悩と苦悩に沈む私達をどこまでも照らし続けてくださる阿弥陀如来のはたらきを表しています。

仏様のお心というのは、本来、色も形もなく、言葉で表現する事のできないものですが、私達のそのお心を知らせるために、形となって表されています。これを「方便」と言います。「方便」とは、元々は「接近する」「到達する」と言うインドの言葉に由来します。

つまり仏様のお心が、「南無阿弥陀仏」と言う言葉になり絵像や木像の形となって、私達の所まではたらいてくださるのです。その呼びかけに応えて念仏申す身となる、と言うことが最も大切なことです。










少し難しいお話しでしたが、皆様と一緒に参考資料に目を通しながら私も勉強をさせて頂きました。また新たな発見もありました。ご本尊に向かい、何のために手を合わせるのでしょう。合掌の意味とは?誰もが知ってそうで知らないことを、私は皆様と一緒にお勉強していけたらと思います。南無阿弥陀仏
Category: Buddhism  

平成29年九州北部豪雨追弔落語

露の新治さん九州北部豪雨追弔会1


仏教には「諦聴(たいちょう)」という言葉があります。悲しみのうちにある私達に「諦(あき)らかに聴け」と呼びかける言葉です。「諦」は本来「あきらめる」という意味ではなく、真実を「あきらかに」聴くと言うことを私達に知らせてくれる言葉なのです。






昨年の7月5日に起きた平成29年九州北部豪雨では、この地域にお住まいの多くの方々が水害の被害に遭われ、多くの方の命をも奪いました。突然で思いだにしない出来事に呆然とし、悲しみが癒えないまま日を重ね一年を迎えようとしています。






昨日(7月1日)、真宗大谷派 日田組寺院19ヶ寺では上方落語家の露の新治(つゆのしんじ)さんを被害の大きかった大鶴地区の地域振興センターへお招きし、追弔落語を催しました。水害から約一年という月日が経ち、私達の心に刻まれた悲しみの意味を、露の新治さんの落語をとおし、あきらかに拝聴させて頂きました。


露の新治さん九州北部豪雨追弔会2











Category: Buddhism  

当寺にGoogle360度カメラが入りました

この度、Google Map、 Google Earth ストリートビューでお馴染みの360度カメラが当寺の山門、境内、本堂、および新しく建立しました空楽寺納骨堂「東見堂」内に入りましたことをご報告させて頂きます。



空楽寺360度カメラ1

Google MapもしくはGoogle Earthを開かれて空楽寺を検索します。画面を拡大していき、オレンジ色の人形を空楽寺に近づけますと水玉がいくつか出てきますので、そこに人形を置きます。もしくは通常のストリートビューと同じく、一般道から山門に入っていくことも可能です。










空楽寺360度カメラ2

こちらは通常のストリートビューから山門を見た画像です。










空楽寺360度カメラ3

山門を歩いて登り、境内に向かう途中。ちょうど鐘撞き堂の真下になります。360度カメラですのでマウスでいろんな方向を見渡すことが出来ます。※この写真はパソコンのスクリーンショットですので動かせません。










空楽寺360度カメラ4

境内から本堂内に入ってきたところの画像です。










空楽寺360度カメラ5

撮影当日は天候も良く、ちょうどツツジの花が満開を迎える頃で、撮影にお越し頂いたカメラマンさんが普段以上に綺麗に見えるように撮って頂きました。










空楽寺360度カメラ6

こちらが新しく建立しました空楽寺納骨堂「東見堂」の中です。Google Mapではさらに阿弥陀様に近づいた写真なども見ることも可能となっています。






今回、このブログにアップした写真はほんの一部ですが、実際のGoogle Map、Google Earth上ではさらにいろんな写真をご覧になることができます。ぜひパソコン、タブレット、スマホから「空楽寺」を検索され、360度カメラで当寺の中をご覧になってみてください。


皆様のご参詣、心よりお待ち申し上げております。







Category: Buddhism  

空楽寺納骨堂 第二次募集

空楽寺納骨堂4月4日現在 (1)



空楽寺の新しい納骨堂、第二次募集を今月25日から始めます。





近年、後継者問題、地域の過疎化、高齢化、墓所の不足などで納骨堂の重要性が見直されています。空楽寺納骨堂「東見堂(とうげんどう)」は宗旨、宗派、国籍を問わず、遠方にお住まいの方、海外に移住されてる方など、どなたでもご使用頂ける納骨堂です。





納骨堂ですので、跡継ぎがいない、子供がいない方でも無縁仏にならず法要、供養します。次の世代に負担をかけない生前加入をご希望される方も多くいらっしゃいます。また最近多い、お墓から納骨堂へのお引っ越しも、お墓の片付けから納骨まで承ります。ご門徒(檀家)様以外の方でも加入頂けます。当寺は博多から車で約1時間、日田市内から車で15分とお参りしやすい立地です。空楽寺納骨堂「東見堂」は住職が心を込めて供養いたします。





※パンフレットをご希望の方は拝送させて頂きます。
真宗大谷派 空楽寺

Category: Buddhism  

空楽寺納骨堂 落慶法要式

東見堂看板








東見堂阿弥陀様



このたび、当寺の新しい納骨堂となります東見堂(とうげんどう)が無事完成し、4月24日に落慶法要式が行われました。






この東見堂 納骨堂竣工にあたりまして、建物の設計を担当してくださいました武内設計事務所様、直接工事を担当してくださいました株式会社 江藤工務店様、納骨壇など仏具一式を納めて頂きました石井仏壇店様、大分銀行日田支店様、その他関係者の皆様、本当にありがとうございました。






こうして新しい納骨堂を完成させる事が出来ました事を、当寺住職、坊守、総代一同より皆様方に感謝申し上げます。また、皆様方にはこれまで以上に何かとお世話になるかと思いますが、どなたでも気軽に参詣できる寺院、地域と共に歩む寺院を目指し住職、坊守、総代一丸となり邁進してまいりたいと思っております。






何卒倍旧のご支援、ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申しあげます。また、皆様方のご健康とご多幸をお祈り致しまして、まずはご挨拶かたがたご案内申し上げます。今後とも真宗大谷派 菅原山 空楽寺を宜しくお願い申し上げます。





東見堂から見た大鶴








東見堂落慶法要ないじん








東見堂落慶法要御挨拶


真宗大谷派 菅原山 空楽寺
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 10