FC2ブログ

菅一乗のブログ『往生極楽のみち』

人生を丁寧に、そして一生懸命に生きていく

Sort byBuddhism

Category: Buddhism  

都会の葬儀の難しさ

先日、御門徒様の三回忌法要で町の方へ行ってまいりました。
ご自宅で三回忌法要をお勤めした後、車で約20分の共同墓地に向かい墓前で短いお経をあげました。そして先日は法要の後に御斎をおよばれしました。
御斎の会場で「田舎と都会の葬儀の違い」という話になりました。当たり前のことですが、田舎でも都会でも同じお経をあげますし、同じ儀式作法に沿って法要を進めていきます。






ただ決定的に違うのは、都会は常に駐車場の問題がつきまとうという事実!





人が亡くなられた場合、田舎では病院からいったん自宅へ戻り、通夜は自宅、葬儀は葬祭場というのがほとんどです。ところが都会は駐車場の問題があるので、病院からそのまま葬祭場、通夜も葬儀も葬祭場というのが普通です。
そして年忌法要においても同様で、どこかしらの場所を借りて行うことがほとんどです。





20200112-IMG20200112121228.jpg


お坊さんも大変です!





法要の時間に併せて寺院を出発しますが、田舎は渋滞がありませんので予定通り到着できます。ところが都会は慢性的な交通渋滞で、法要の開始時間を先読みし早めに寺院を出発しなくてはいけません。
万が一遅れようものなら、法要開始が遅れ、その後の御斎の時間もずらさなくてはいけません。
しかし都会は御斎の時間も決められてるところがほとんどですので、後にずらすことがなかなか難しい現状です。これでは法要を行う御門徒様も気が気じゃありません!





都会では、普段の生活同様、御門徒様もお坊さんも時間にゆとりを持って行動しなくてはいけないという事だと思います。





そんな事が話題となった先日の三回忌法要でした。南無阿弥陀仏

Category: Buddhism  

納骨堂、20基募集いたします

40357241_1977055232338290_6763462108282617856_o.jpg


空楽寺の新しい納骨堂、この度20基の加入者募集を始めます。





近年、後継者問題、地域の過疎化、高齢化、墓所の不足などで納骨堂の重要性が見直されています。空楽寺納骨堂「東見堂(とうげんどう)」は宗旨、宗派、国籍を問わず、遠方にお住まいの方、海外に移住されてる方、ご門徒(檀家)様以外の方でも、どなたでも加入頂ける納骨堂です。高齢化社会に対応して、バリアフリー、車椅子等による参詣も可能です。



40248429_1977055242338289_8377731527898824704_o.jpg





納骨堂ですので、跡継ぎがいない、子供がいない方でも無縁仏にならず法要、供養します。終活の問題、次の世代に負担をかけない生前加入契約をご希望される方も多くいらっしゃいます。また最近多い、お墓から納骨堂へのお引っ越しも、お墓の片付けから納骨まで承ります。






当寺は博多から車で約1時間、日田市内から車で15分とお参りしやすい立地です。空楽寺納骨堂「東見堂」は住職が心を込めて供養いたします。





納骨壇の永代使用料は50万円/区画
納骨堂維持管理費2万5千円(5千円/年✕5ヵ年分)
代金支払い方法は一括・分割・クレジットカード・銀行引き落としに対応しています。






※パンフレットをご希望の方は拝送させて頂きます。
真宗大谷派 空楽寺
https://www.kuraku-ji.asia/




40385453_1977055415671605_6939763849994174464_o.jpg




40358055_1977055299004950_7829559642115014656_o.jpg

Category: Buddhism  

お経の中で好きな部分

IMG20191214101802.jpg


毎日「正信偈(しょうしんげ)」というお経をあげます。最初から終わりまで840文字あります。この「正信偈」というお経の後に続いて念仏、和讃、回向など入れると一度のお経で約1000文字!近く読んでることになりますが、その中で私が一番好きな部分が上記写真の右ページの終わり2行です。


顕示難行陸路苦(けんじなんぎょうろくろく)
信楽易行水道楽(しんぎょういぎょうしどうらく)



この2行にどういう意味が隠されてるのか・・・





ざっくり訳すと、龍樹菩薩は、さとりへの道は二つあると示して、陸路をたった一人で歩く苦しい難行よりも、みんなと共に船に乗って楽しく水上を渡る行き易い道があることを示しました。
それは仏の願いの船にまかせて、悩みの海を渡り、さとりの岸にいたることなのです。






これでは意味がよくわからないという方も多いと思いますが、私が思うのは、「同じ目標に向かうにあたり、ただ一人つっぱって独自の道を行くよりも、みんなと一緒に船に乗り、水の流れに任せて進むのも良いんじゃない」って言ってるように思うのです。
皆さんの周りにもそういう方居ませんか?どちらも間違いで無いと思うのですが、川の流れのように、たまには流されるのも良いんじゃないって言ってるようにも聞こえます。





皆様はどのように思われましたでしょうか(^o^)
Category: Buddhism  

こども報恩講

11月27日(水曜日)当寺にて、こども報恩講が勤修されました。


IMG20191127100203.jpg



この日のために一生懸命お経の練習を頑張ってきた子供たち。「正信偈」というお経を最初から最後までちゃんとあげることが出来ました!





それにしても子供達のお経を覚えていくスピードは本当に驚きです!生まれたての子供が親や周囲の声を聞いて言葉を学習するように、園児もお経をリズムもしくは音程で覚えるのか、ひらがな・漢字が読めなくても何度か繰り返し聞いただけで声が出るようになるから本当に不思議です。






IMG20191127103020.jpg


お経の後に法話(題:お友達と仲良くしようね!)を担当させて頂き、その後「親鸞さま」という紙芝居を見ました。子供向けの紙芝居ですので大変分かりやすい良い教材です。




今年のこども報恩講も無事に終わり、これからは卒園にむけ、またお経の練習を続けていきます。きっと卒園するころには今以上に上手にお経を上げられるようになると思います。


みんな本当によく出来ました!
Category: Buddhism  

報恩講のお勤めが無事終了しました

IMG20191124102934.jpg


11月24日、生憎の天候でお足元の悪いなか、多くの御門徒様と共に当寺で報恩講が勤修されました。






昨年に引続き講師として上津江診療所の山崎先生をお迎えし議題1「お寺と私、終活を考える」、議題2「歌」として大変有難い講話及び歌を頂きました。


IMG20191124111314.jpg

IMG20191124115106.jpg






また御門徒様を代表し、前久留米大病院長で現大分大学医学部附属病院高度救命救急センター長である 坂本先生からも貴重なスピーチを頂きました。


IMG20191124121125.jpg








今年一年間、多くの皆様に御参詣頂き本当にありがとうございました。当寺の年内の行事としては12月31日の除夜の鐘を残すのみとなりました。
来年も皆様の御参詣お待ち申し上げております。南無阿弥陀仏 🙏
http://www.kuraku-ji.asia/




IMG20191124122358.jpg

1
2
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 01