菅一乗のブログ『往生極楽のみち』

人生を丁寧に、そして一生懸命に生きていく

Sort byOther

Category: Other  

いまこそ恩返しの時!台湾加油!

2月6日(火)午後11時50分(日本時間7日午前0時50分)ごろ、台湾東部・花蓮県の沿岸を震源とするマグニチュード6・0の地震がありました。被害の全容がまだ見えてきませんが、何よりも地震により被災されました皆様に、謹んでお見舞い申し上げますとともに、犠牲になられました方々とご遺族の皆様に対し謹んでお悔やみ申し上げます。当地におかれましては、皆様の安全、そして一日も早い復興を心からお祈り申し上げます。



台湾の方々には東日本大震災、熊本地震の際、多額の義援金や寄付金そして日本に多くの支援を頂きました。私はいまこそ恩返しの時が来たのではないかと思います!


私も募金を考えてインターネットで検索してみました。いま現在ではまだ募集されてるところはないようですが、これから様々なところで募金の受付が始まると思います。私も微力ながらお手伝いさせていただこうと思います。


そして、皆さん台湾に行きませんか?台湾に行って観光し、美味しいものを食べ、素晴らしい文化を見て、沢山買い物し、現地にお金を落としましょうよ!(直接支援する意味で)



Pray for Taiwan.
台湾加油!
I love Taiwan. We love Taiwan.









Category: Other  

不具合のお知らせ

不具合のお知らせです。


いつも『往生極楽のみち』を拝読いただきありがとうございます。


少し以前から「インターネットエクスプローラー(IE)で、記事がうまく表示されません」というご指摘を数件頂きました。私もブログをアップした後に記事を確認しましたところ、うまく表示されていないことに気づきました。そこで、FC2ブログへ問題を問い合わせ、対策をご教示頂きましたが、現状うまく反映されません。


問題が起きてるのは、記事は読めるけれど、その記事に埋め込んだ動画や音声が表示されず、その部分だけ画面が真っ黒に表示されるという問題です。


記事が表示されないのはIEだけのようで、Google ChromeFirefoxでは問題なく表示されるようです。


ご迷惑をお掛けし申し訳ございませんが、対策を調べています。引続き、『往生極楽のみち』をどうぞ宜しくお願い申し上げます。

Category: Other  

謹賀新年

330_6.jpg


新春のおよろこびを申し上げます
皆様におかれましては良き新年をお迎えのことと存じます。
昨年中は並々ならぬご厚情を賜り、厚く御礼申し上げます。
本年も昨年同様、ご指導の程よろしくお願いいたします。
皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。


                                      菅 一乗
Category: Other  

寒い日が続きます

毎日、寒い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?今年は例年に比べ寒くなるのが早いようです。気分的には1月末の寒さに似てる気がします。









私の家は今朝、今シーズン2度目の-5度でした!日田市内の観測所よりだいたい冬は-2度ほど寒く、逆に夏場は+2度ほど高いのが私の住んでる町です。それだけ過酷な環境ですが、この地域にお住まいの皆様はシーズン通して元気な方が多いです!
しかし、寒いのと暑いのどちらが良いですか?と高齢者の方に質問すると意外や意外、「どちらも嫌」と言う答えが多いです(笑)











IMG20171228100134.jpg

今朝の駐車場です。なぜか氷が下から上に伸びています!?不思議な現象ですね。










IMG20171228100141.jpg

駐車場に水道がありますが極寒の地ですので、凍結防止の水栓をつけて頂いています。通常は水がしっかりと止まるのですが、凍結して膨張した場合のみ若干水栓が開き、水がとろとろと流れる仕組みです。
水がわずかに流れることにより、水道管の中にかかる圧力を逃がしてあげる構造です。=水道管が爆発しない仕組みです。










まだ12月です。1月・2月は通常でしたらもっと寒さが厳しくなる方向です。どうか皆様におかれましては、風邪など引かれませぬよう、ご自愛くださいませ。
Category: Other  

九州北部豪雨から1ヶ月過ぎました

この度の平成29年九州北部豪雨 水害に際しましては、皆様から御丁重なお見舞いを賜り、まことにありがたく御礼申し上げます。



5年前の九州北部豪雨の被害を上回り、私どもでは避難するのがようやくでした。家も一部、床上まで浸水しましたが、家族全員が無事だったのが幸運だったと存じております。周辺では全壊・半壊・床上浸水を含め、またお亡くなりになった方もいらっしゃいました。



現在は徐々に落ち着き始め、災害当初からライフラインもありましたので暑い思いもせずに過ごしております。裏山から流れてきた大量の土砂、流木も片付けの目処が立ちましたし、り災証明の手続きも終わりましたので、どうぞ御休心のほど願いあげます。



まずはとりあえず御礼まで。

1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
> < 02