FC2ブログ

菅一乗のブログ『往生極楽のみち』

人生を丁寧に、そして一生懸命に生きていく

Sort byRace

Category: Race  

ブレーキを残す

久々に車の話題でも・・・最近、仏教というかお寺のことしか書いてなかったので。





僕は普段から自動車に乗るとき、ブレーキを止まるためだけに使うのではなく、カーブ(コーナー)をスムーズに曲がるためにも使っています。たとえば、ブレーキのポテンシャルが仮に100%だとしたら、制動に80~90%使い、残り20~10%はカーブにさしかかるときに使っています。






具体的にどういうことかというと、車をしっかり止めることが一番大事なわけで、そのためにしっかりとブレーキを踏む意識を心がけています。やがて徐々にブレーキペダルから足を離していき、車速がカーブに適したスピードまで落とせたら、軽く(ブレーキランプがつくかつかない程度)ブレーキペダルを踏んだままカーブに進入していきます。






その理由はカーブ(コーナー)に進入した際ブレーキペダルを軽く踏んでいると車がすごく安定するからです。またとっさの際にブレーキを強く踏み増しすることで危機回避できることもあります。そして何よりもブレーキの踏み加減で車のアンダーステア、オーバーステアをコントロールできるからです←ここが重要!







どうやって練習するかというと、普段からブレーキペダルを強く踏むだけではなく、優しく踏む、優しく踏み続ける、一定の踏力で踏み続ける癖を練習しながら体にしみこませることが大事です。その為にはシートポジションが大事です。シートと体に隙間があってはいけません。

Category: Race  

Driving Experience

86GR.jpg


いまオートポリスで開催されてる運転技術向上を目的としたイベントとしては、Toyota Gazoo Racing Driving Experienceの内容が一番良いと私は感じます。2日間に分けて初心者コース・中級者コースにわかれますが、出来れば両日参加されるのが基礎から応用まで学ぶことができるのでオススメです。









関谷さん講義


ただ走るだけの技術向上イベントとは違い、座学の時間もしっかり取られてることも大きな魅力です。また講師が超一流ドライバーで、最新の運転技術だけではなくレースでの駆け引きなども教えて頂けます。









次回のToyota Gazoo Racing Driving Experienceは11月4日(日)初心者コース、翌5日(月)中級者コースが予定されています。





Category: Race  

高校生からの質問

地元にある高校の生徒さんと先生からお手紙を頂きました。










お手紙の内容は「どうしたらレーサーになれますか?」










将来なりたい職業の方に質問をするという授業の一環で、生徒皆さんそれぞれ専門職の方に質問をするという内容です。
お手紙を頂いたのは夏休みが始まる前。担任の先生からも依頼の手紙を頂戴し、私はあえてオートポリスのピットで、レーシングカーを背景に授業をすることにしました。











待ち合わせの当日、お父さんと一緒に生徒さんがやってきました。夏休み中でしたが、授業の一環なのでちゃんと学生服を着ています。私もチームウェアを着て授業を開始しました。
まずいくつかの質問を用意されてきたので、その質問に答える形で授業は進んでいきます。質問の内容は「どうしたらレーサーになれるか?」、「レーサーになるために今やるべき事は?」、「食事など気をつけてることはありますか?」などです。
大人の質問と違い、学生の質問ですので、普段以上に言葉を慎重に選び、夢が膨らむように答えたつもりです。











学生に伝えたことは「カートレースが良いですよ」、「カートで実績を磨いたら、SRS-FやFTRSなど自動車メーカーがやっているスクールに入学するのが良いと思いますよ」などです。
もちろん、レーシングドライバーになるにはいろんなアプローチがあるのも事実です。
しかし、まだレース経験のない学生さんには、最初の取りかかりとしてはカートレースが最適です。











最後にピットに飾っていたレーシングカーに乗って記念撮影をして授業は終了。
と、私も写真を撮ってたんだけど、間違えて全て消しちゃいました!!



Category: Race  

N-ONEオーナーズカップの小野さんに

N-ONEオーナーズカップに出場され、催促いや「最速の男」との呼び名も高い小野選手から・・・











「ブログの更新が遅い」とご指摘受けました。











と言うことで、これからは頻繁に更新していこうと思います。改めまして、宜しくお願い申し上げます。











と、ご指摘を頂きました小野さん。オートポリスで勝っちゃった!








小野選手APR1



9月の2&4レースでもお待ちしています!優勝おめでとうございます!
Category: Race  

リオ・ハリアント選手

針案と

偶然、隣の席にインドネシア初のF1ドライバー、リオ・ハリアント選手が乗ってました。









短いフライトの時間だったがF1のこと、インドネシアのこと、そしてこれからのプランについて色々話してくれました。そして彼の出身地であるインドネシアのソロのことも。気がついたら出発から到着までずっと話していました。私のたどたどしい英語でも一生懸命に聞いてくれて嬉しかったです。彼曰く、「来年のF1にレギュラードライバーとして戻る事が最重要だ」と話していたのが印象深かったです。







いまアジア地域(東南・南アジアを含む)は世界的に見ても人口が増え続け、特にインドネシア、インドの人口増加は凄まじいものがあります。その人口増加に伴い車やオートバイの需要が今まで以上に高まりつつあるのが現状です。そこで・・・例えば・・・ホンダさんがリオ・ハリアント選手を何らかのマシンに乗せるというのは販売戦略としてアジア全体を見渡した時、広告・売り上げという意味では非常に価値があることだと私は勝手に感じるのです。そうなると良いなと思って・・・








Hi Rio,

It was great pleasure by I met you in the airplane from Singapore to KL.
I spend the great time with you.
Because, you tell me F1, Indonesia and your future plan.
Someday, I'd like to visit your beautiful country.

If do you have some question about Japan and Japan motorsport then,
please ask me anything.

I'm looking forward to see you again and Good Luck to your future!

2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
> < 04