菅一乗のブログ『往生極楽のみち』

人生を丁寧に、そして一生懸命に生きていく

Sort by 05 2012

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 名称未設定_0  

Autopolis 2&4 Race の感想をいくつか その1

日田市内が川開き観光祭で賑わってるころ、同じ市内の上津江町オートポリスではフォーミュラー日本、ST600、ロードスターカップが開催され、各レースとも激戦が繰り広げられていました。


イベントを通じ、色々と書きたい事は山ほどあるのだけれど、その中でいくつか強烈に印象に残ってる事があります。


まず一番印象に残ってるのが、オートバイのST600クラスで優勝したデチャ選手(Thailand)です。今回のレースは決勝が2回行われる2ヒート制で、彼は両レース共に優勝しました。見てて単純に、彼は「速くて強かった」と言うのが第一印象です。ミスもなければ隙もない、完全にデチャ選手が支配したレースだったと言えます。走り慣れた日本人の選手と何が違うのか?なぜASIAの選手は速いのか?





以前から私は「ASIAの選手は速い」と、このブログでも書き続けてきましたが、最近ではただ速いだけでく、精神的な強さも感じるようになりました。デチャ選手の相棒、チャランポン選手(Thailand)も速くて強い選手です。今回のレースはそのタイ人2人が主役でした。残念ながらチャランポン選手は怪我でリタイアされましたが、強烈な印象を残していったのはまちがいありません。





私なりにいろいろ考えてみると、ライダーは皆さん速いのだけれど、ASIAとか、日本人とかに限らず、世界に出て闘うライダーはみんな速いと言うことに気づきました。その理由は、PETRONAS Asia Road Racing Championship で走ってる藤原選手や清成選手の結果を見てみれば一目瞭然です。


私たちは日本国内にいて「ASIAの選手は速い」って感じても、もしかしたら、ASIAでは「日本人の選手は速い」って思われてるかもしれません。結局、若い年齢のうちから積極的に海外に出てレース活動することの重要性を感じるわけです。


もっと考えてみると、同じ事は4輪レースの世界でも言えます。日本から世界に出て走ってるカムイ選手も、佐藤琢磨選手も、吉本くんも速いだけではなく、みんな強い精神力を身につけています。逆に日本に来てレースをしてるオリベイラ選手やロッテラー選手、デュバル選手はみんな速いですよね!


自国を出て、海外で闘う。それだけで背負ってるモノが違うと言うことです。それが速さと強さの秘訣かな?と、今回のオートポリスのレースを見て思い始めました。

スポンサーサイト
Category: 名称未設定_0  

The Lady のDVDを入手!

以前にもブログで紹介しました、ミッシェル・ヨー主演の"The Lady"という映画、7月下旬に日本でも公開予定の作品ですが、一足先にDVDを入手しました!


The Lady DVD

ビルマ民主化運動のリーダーであり、その非暴力による民主化・人権をめざす闘いを評価され、1991年にアジア女性としては初のノーベル平和賞を受賞した、アウンサン・スーチー。 長きにわたり自宅軟禁生活を強いられながらも、強い意思を持ち続ける彼女の姿は、日本でもたびたび報道され、多くの人に知られている。軍事政権との苛酷な闘い、民衆を魅了したしなやかな強さ、そして遠く異国の地で引き裂かれ、その死にも立ち会うことが叶わなかったイギリス人の夫との深い愛。常に明日への希望を持ち続ける彼女の半生と知られざる物語を描く。(作品資料より)


字幕は英語とフランス語。"Japanese"が無いのが残念でしたが、英語の勉強だと思い、購入しました。


いざ再生してみたら・・・











Drive DVD

なにこれ・・・The Ladyじゃないじゃん!


パッケージもDVDの表面もThe Ladyとなってるのに、再生したらDriveって・・・


だまされた。東南アジアらしいと言えばらしい!?


7月の映画公開まで待とう!
Category: 名称未設定_0  

今日1日、よく考えた1日でした。

今日は朝からご近所の法事に行きました。お経が終わり、いったんお寺に戻り納骨堂にお参りし、また法事が行われたご自宅へ。大変恐縮ながら、お食事を頂きました。法事のあとのお食事の時、どのご家庭でもお酒を勧められるのですが、お昼なので飲まないようにしています。その理由はその後何があるかわからないからです。なので、今日もお酒は頂きませんでした。


家に帰ってからはスカパー!でSUPER-GT第2戦のレース中継を見ていました。最初から最後まで忙しいレースでしたが、改めてSUPER-GTの魅力を感じたレースでもありました。レースが終わり、表彰式が行われてるくらいに、お寺に電話がかかりました。内容は保育園・小学校・中学校と一緒に通った同級生のお父様がお亡くなりになられたというお電話でした。


私はすぐに枕経に向かいました。そこでまず最初に思った事は、お昼前の法事でもしお酒を飲んでたら、私は枕経に行く事は出来なかったという事。次に思った事は、同級生のお父様がお亡くなりになられましたが、私もそういう年齢に達したという事。非常に複雑な気持ちでお経をお勤めさせて頂きました。


この世に産まれた以上、老・病・死は避けれない事実、いつか自分や自分のまわりにもそういった事が起きるという事実、私たちにそういった日が訪れたとき、何を思い、何をすればよいのか・・・


そんな心境でお経を唱えながら、身体を大切に、そして一生懸命丁寧に生きていく事がいかに大切なのかという事を、改めて認識した時間でもありました。
Category: 名称未設定_0  

GWはいかがお過ごしですか?

みなさんはゴールデンウィークをいかがお過ごしでしょうか?私は毎日、お参りと草むしりの日々です。今日は雨なので草むしりは出来ませんが、お参りが終わったら家の片付けをしようと思います。私は毎年、かなり地味なGWです(苦笑)


「晴耕雨読」という言葉がありますが、晴れた日は畑を耕し、雨の日は読書をするという意味らしいです。その他に、心穏やかに生活する意味もあるらしいです。語源はわかりませんが、良い言葉だと思います。しかし、現代人には晴耕雨読の生活なんて、なかなか出来ないのも事実ですね。


最近、お経を唱えてて、お経はインドから中国に渡り、やがて日本に入ってきたという事について、その課程が壮大な事だなと気づき始めました。なぜ?インドはサンスクリット語やパーリ語でしょ?中国の人はそれをどうやって漢字に直したのか?実際には音写というやりかたで漢字に直したのですが、その漢字が日本に入ってきて、それをどういう風に日本語に直したのか・・・改めてお経は「ありがたい」と感じます。

1
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
30
31
> < 05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。