菅一乗のブログ『往生極楽のみち』

人生を丁寧に、そして一生懸命に生きていく

Sort by 03 2016

Category: Buddhism  

2016春・彼岸法要

2016春彼岸

3月19日(土)春の彼岸法要が勤修されました。(お彼岸の中日は20日でしたが、その週末は三連休でしたのであえて前日の土曜日に法要となりました)当日は曇天で雨も降りそうでしたので山門に飾る仏閣幕や境内に飾る仏旗は飾れませんでしたが、それでも多くのご門徒様に参詣頂きました。









真宗宗歌→勤行→御文→休憩→法話→恩徳讃という流れで法要が進んでいきました。私が勤行・法話を担当し、法話に入る前に皆さんでお経の練習をし、その後法話へ入っていきました。お話しした内容は日常生活の中での仏教用語という、私たちが知らず知らず使っている言葉が実は仏教用語で、また本来の意味と今現在の意味の違いと言うことについてお話しさせて頂きました。










例えば・・・・・・・・・・



成(じよう)仏(ぶつ)
【一般】死ぬこと。死んで仏となること。
【仏語】文字通り仏に成り、覚りを得ること。「死」の解釈が加わったのは、仏陀本人の究極の覚りが入滅の時点であると考えられたこと。いかなる人も死後に極楽浄土に往生し救われ、仏となるとする浄土教の影響から来ている。すべての人間は、仏に成ろうとして生きているのであり、仏に成らなければ〔真理に目覚めなければ〕、この世に生まれてきたことの意味が完成しないのである。

我(が)慢(まん)
【一般】耐え忍ぶこと。強情。
【仏語】自分に執着する心から、自分を偉いと思っておごり、他を侮ること。「七慢」のひとつ
①慢(まん)=他人と比較しておごり高ぶる。
②過慢(かまん)=自分と同等の人に対して自分の方が上だと思う。
③慢過慢(まんかまん)=自分より優れた人に対して自分の方がもっと上だと思い誤る。
④我(が)慢(まん)=自分に執着することから起こる慢心。
⑤増(ぞう)上(じよう)慢(まん)=覚っていないのに覚っているとうぬぼれる。
⑥卑慢(ひまん)=自分よりはるかに優れた人に対し、自分は僅かしか劣っていないと思う。
⑦邪慢(じやまん)=悪行をしても正しいことをしたと言い張る。

娑(しや)婆(ば)
【一般】刑務所などにいる人たちが、外の拘束されていない自由な世界を指して言う。
【仏語】サンスクリット語( ?????????)の「サーハー」の音写。漢訳は「忍(にん)土(ど)」とされ、苦しみを耐え忍ぶ世界。私たちが生活しているこの世の中は、本質的に苦しみを耐え忍ぶ場所であるというのが、仏教の世界観である。

覚(かく)悟(ご)
【一般】悪い状態・結果について、あらかじめ心構えをすること。決心すること。
【仏語】迷いを脱して真理を覚ること。覚りをあきらめと解することから現在の意味で使われるようになった。覚も悟も同じく〈さとる〉ことだが、覚は不覚に、悟は迷に対して用いる。






私たちが普段使っている言葉の意味と、仏教での意味には微妙に違いがあります。上記はその中の一部ですが、仏教辞典などを見ていますと、普段使う言葉のほとんどが仏教用語だと言うことがうかがえます。それほど古来から日本人は仏教と密接な関係があったと言うことの証だとも思われます。




南無阿弥陀仏

Category: Race  

20周年記念パーティー&今季の体制発表会

2だいたいせい
以前からヨーロッパでお世話になっているレーシングチームの創立20周年記念パーティーと今シーズンの体制発表会に招待を受けましたので今月の上旬行ってきました。









朝の4時に起き、8時の飛行機で羽田まで行き、そこからさらに乗り継いで目的地のホテルに到着したのは現地時間の20時(日本時間で朝の4時)以前はヨーロッパまで長い時間飛行機に乗ってても平気だったけど、今回はかなり疲れた。歳を感じました。到着後すぐにビールを飲みに行く。とにかくビールが安くて美味い!長旅の疲れもふっとびました(笑)










パーティーは19時30分(日本時間で朝の3時30分)からなので、タクシーを予約する。ヨーロッパは初乗りは安いが距離がかさむとタクシーも割高になる。そして予定よりも早めにパーティー会場に入る。










パーティー会場













RTLGP.jpg
大勢のお客様が来場されていて、地元のテレビ局も来ていました。日本では自動車レースはメジャーなスポーツではありませんが、ヨーロッパではサッカーと同じくらい人気のスポーツだそうで、モータースポーツ専用のテレビもあるほどと伺いました。逆にヨーロッパの方に日本の現状を説明すると、「なぜモータースポーツに人気がないか理解できない」と言われていたのが印象的でした。若者の車離れ?スマホ代?洋服代?ヨーロッパでは、諸外国では、東南アジアでも考えられないことでしょう・・・












FA1の前集合
私たちはこの時のために着物を用意していきました。着物って日本でもあまり着る機会がありませんが、あえて異国の地で着ること、そして技術の最先端を行くレーシングカー、レーシングチームのワークショップで着る意味、改めて日本の着物文化の素晴らしい歴史と伝統にふれあうことが出来たと思います。ちょっとした温故知新です(笑)











FIA F4選手
パーティーが開始され、まず全員で20周年をお祝いしました。それから今季の体制発表会に入っていったのですが、まず最初に若手の登竜門、明日のF1ドライバーを育てるためのカテゴリーであるFIA F4選手権に参戦するマシンとドライバー2名が発表されました。驚きなのはドライバーの年齢が16歳と15歳です!今の時代、F1ドライバーになろうと思うならば17歳や18歳の時点でF1チームとのコネクションがないとステップアップは難しいと言われています。それは頭で解っているものの実際にドライバーの年齢や顔を見たら私の世代には驚き意外何ものもありません!







ちなみにマシンはタトゥース製のモノコックを使い、エンジンはアバルト製1400ccで160馬力、6速ミッション、タイヤはハンコックです。何よりも安全第一に作られ、癖も無さそうなマシンなので運転の基礎を学ぶ入門カテゴリーとしては最適なマシンだと感じます。














ろーあんど
発表会のメインイベントは今年のGP2の参戦発表です。イギリス人のオリバー・ローランド選手。












でよん
チームのエースドライバー、オランダ人のダニエル・デ・ヨン選手。













でよんくるま













ろーらんどくるま
GP2というカテゴリーはF1の一歩手前のカテゴリーで、プロフェッショナルな世界です。このカテゴリーで優秀な成績を収めた選手が何人もF1ドライバーへとなっています。言わば最後の登竜門です。乗ったことがないのでこれ以上の説明が出来ません(苦笑)参考までにダラーラ製のモノコック、車重はドライバーが乗った状態で688kg。エンジンはルノーの4000ccのV8で612馬力と化け物のようなハイスペックマシンです。これを乗りこなすにはそれなりの腕が必要です。素人が乗ったら危ないと言うより無謀です。








パーティーの最後にエンジン始動があり、V8 4000ccのエンジンに火が入るとそれは素晴らしい官能的ともいえるエンジン音が鳴り響き、場内は拍手喝采でお開きとなりました。








最後に20周年記念パーティーおよび今季の体制発表会に招待して頂いたチームオーナーを始め、メカニックの皆様本当にお世話になりました。有難うございました。チームのこれからのご活躍、そしてドライバー、スタッフ、その家族の皆様全員の安全をお祈りしています。






発表会の6日後、スペインで今シーズン最初のGP2テスト走行が開始されました。開幕戦は5月13日~15日、場所はスペインのカタルニアサーキットです。FIA F4の開幕戦は4月29日~30日、場所はロシアのソチです。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30
31
> < 03