菅一乗のブログ『往生極楽のみち』

人生を丁寧に、そして一生懸命に生きていく

Sort by 10 2016

Category: Food and liquor  

このニオイは・・・

マレーシアの首都、クアラルンプールで夜ご飯というと私はいつもアローストリートの屋台街に行きます。















そこでいつものように屋台でローカルフードを食べてたら、時折風に乗って独特のニオイが・・・まさか・・・





























猫山王

でたっ!猫山王にD24、そして高山XO!










そうなんです、フルーツの王様ドリアンです。ニオイの原因はやはりドリアンだったか・・・好きな人は好きだけど、嫌いな人は一切口にしないフルーツ。フルーツの王様と言われながらホテルや公共交通機関への持ち込みが禁止されているフルーツ。そしてこのフルーツが難しいのがビールやお酒を飲む前や飲んだ後に食べると必ず病院送りになると言われてる要注意なフルーツ。でもフルーツの王様。











しかし、マレーシアの方はこのフルーツが大好き!最高級品と呼ばれてる猫山王は黄色い実だけど、D24や高山XOは少し白い実です。季節的にドリアンの屋台が出だしたら、好きな人が品定めを一生懸命しています。










でも、食べない人、嫌いな人にとってこのニオイは強烈すぎて困ったものです。食事をしてても食事の味が変わるほど鼻を刺激してくるこの独特のニオイ・・・その反面、このニオイがすると「東南アジアに居るんだな」というエキゾチックな感じがして、そう言った部分では好きです(苦笑)










malaysia local food

私は20年ほど前に初めてマレーシアに行った時に食べたローカルフードで食中毒になり大変な思いをしましたが、それが最後で免疫が出来たからか、今では何を食べても、水を飲んでも食あたりしなくなりました。なのでいつも美味しくて安いローカルフードばかり食べています。日本人はみんな「危険だ」「水に注意」「氷にも注意」「生ものに注意」とか言ってますが、それは体調と免疫にもよると思います。この前も屋台街で食べた生牡蠣は驚くほど安く、そして美味でした!それに冷えたタイガービールがよく合う!










マレーシアに限らず私は世界に出たら現地のものを食べ、飲むようにしています。食べ物はその国の文化とふれあう絶好の機会だからです。










コピオーコソン

ちなみに、マレーシアでコーヒーはコピと言います。でもマレーシアはコーヒーもお茶も何でも甘いのです。そこで日本で言うブラックコーヒーを注文すると、やはり砂糖の入ったコーヒーが出されます。ブラック=砂糖無しの意味が通じないのです。(もしかしたら、ブラックコーヒーが無糖という意味は日本だけ?)そこで、無糖のコーヒーはなんて言うのか聞いてみたら、コピ・オー・コソンという言い方が無糖コーヒー(日本で言うブラックコーヒーです)と教えて頂きました。









と、また今日もどうでも良い話題ですが・・・まあ、アジア大好きな私は、東アジアのみならず、東南アジア、南アジアも大好きですよ!

Category: Race  

リオ・ハリアント選手

針案と

偶然、隣の席にインドネシア初のF1ドライバー、リオ・ハリアント選手が乗ってました。









短いフライトの時間だったがF1のこと、インドネシアのこと、そしてこれからのプランについて色々話してくれました。そして彼の出身地であるインドネシアのソロのことも。気がついたら出発から到着までずっと話していました。私のたどたどしい英語でも一生懸命に聞いてくれて嬉しかったです。彼曰く、「来年のF1にレギュラードライバーとして戻る事が最重要だ」と話していたのが印象深かったです。







いまアジア地域(東南・南アジアを含む)は世界的に見ても人口が増え続け、特にインドネシア、インドの人口増加は凄まじいものがあります。その人口増加に伴い車やオートバイの需要が今まで以上に高まりつつあるのが現状です。そこで・・・例えば・・・ホンダさんがリオ・ハリアント選手を何らかのマシンに乗せるというのは販売戦略としてアジア全体を見渡した時、広告・売り上げという意味では非常に価値があることだと私は勝手に感じるのです。そうなると良いなと思って・・・








Hi Rio,

It was great pleasure by I met you in the airplane from Singapore to KL.
I spend the great time with you.
Because, you tell me F1, Indonesia and your future plan.
Someday, I'd like to visit your beautiful country.

If do you have some question about Japan and Japan motorsport then,
please ask me anything.

I'm looking forward to see you again and Good Luck to your future!

Category: Race  

お仕事で龍仁へ

9月22日、秋のお彼岸が当寺で勤修され、一通りの片付けを終わらせ、夕方に福岡空港へ直行。福岡発ソウル行きのアシアナ航空最終便でソウル市を目指す。定刻よりも少し速く仁川空港へ到着し、バスで明洞の近くのホテルまで向かう。バス代金がW160,000と激安だ。夜の11時過ぎには無事にホテルに到着し、そこから遅い晩ご飯を食べて就寝。










CJSUPERRACE.jpg

今回のお仕事は、韓国で絶大な人気を誇るCJレースと言う自動車レースで接触などの判定をするお仕事である。公平性が求められる大事なお仕事であり、私に本当に務まるか心配であったが、そこは日本からお越しになった他の審査員の方や、韓国のスタッフの方々、CJレースの主催者、オフィシャルの皆様、通訳の方の手助けもあり、スムーズな流れで仕事をこなしていくことが出来た。










菅一乗と読むらしい

韓国語(ハングル文字)で「ICHIJO SUGAと書かれてます」と通訳の方に教えて頂いた。大会の公式プログラムにも名前が載ったのは驚いたが、それだけ責任のある仕事だと改めて自覚した。









キムジンピョウ

朝から韓国では有名なDJであり自動車レーサーでもあるKIM JIN PYOさんがテレビの収録を行っていた。それだけ注目度の高いレースなのは言うまでもない!他にも韓流スターのRYU SI WONさんや日本ではおなじみの影山正美さんや井手有治さんも出場されている。またサポートレースでは韓国で最初の女性ドライバーであり有名な女優さんでもあるHWA SEON LEEさんも元気に走られていた。









韓式焼肉2


夜は日本からお越しになった他の審査員の方や通訳の方、現地の主催者の方々と食事を共にした。やはり韓国に来たら韓式焼肉!日式焼肉とはまた違った美味しさで私は大好きである。牛も好きだが、韓国に来たら豚をお勧めする。今年の7月にMokpoという町で食べたサムギョプサルの味が忘れられない。今回頂いた豚の焼肉も同じくらい美味しかった。










韓式焼肉1


連日焼肉なのは言うまでもない!通訳の方が言ってたが「好きな人は週に3回は焼肉を食べます」とのこと。韓式焼肉は沢山のおかずと野菜が出され、キムチなどの発酵食品も同時に取れるので体に良いことが伺える。また韓国の焼酎(ソジュ)とよく合う。









今回行った龍仁という町にあるサーキットはエバーランドというテーマパークの横に隣接され、ソウル市からも近く、決勝日は多くの観客で満員だったことと、主催者が観客に対して見せ方が上手く、これは日本以外のアジア地域全体の自動車レース・オートバイレースにも共通してることだが、恐らくプロモーターがしっかりと観客の気持ちを捉えてることがうかがわれた。次回訪れることがあるならば仕事ではなく観客として訪れたいと思うレースだった。









レースの内容などは今回は立場上詳しく書けないが、私自身もすごく勉強させられたことが多々あり、またお世話になった関係者の皆様には言葉の壁があったにもかかわらず、優しく接して頂き感謝の気持ちと共に楽しくお仕事させて頂き嬉しい限りです。本当にお世話になりました。ありがとうございました。
Category: Buddhism  

9月22日(木) 秋彼岸

彼岸

彼岸の中日である9月22日、空楽寺本堂にて秋のお彼岸が勤修されました。










当日は多くの方にご参詣頂き、皆様と一緒に「正信偈」と言うお経をあげました。短い休憩を挟んだ後は「六道輪廻について考える」という題で法話をさせて頂きました。簡単に説明致しますと、私達が生きてる世界は地獄・餓鬼・畜生・修羅・人・天の六つの世界があるというお話しです。










彼岸3

11月27日(日曜日)は当寺で一番重要な法要、報恩講が勤修されます。当寺はご門徒様では無い方でもご参詣頂けます。ぜひ皆様ご近所お誘い合わせの上、当寺へ参詣下さいませ。お待ち致しています。
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30
31
> < 10