FC2ブログ

菅一乗のブログ『往生極楽のみち』

人生を丁寧に、そして一生懸命に生きていく

Sort by 03 2020

Category: Buddhism  

今日の葬儀で思ったこと

先週、友人から「母が倒れて今夜が山場かもしれない」と連絡を受けました。あまりにも急な連絡だったので驚き、また覚悟はしていました。
しかしその後連絡はなく内心「持ち直してくれたかな」と思っていましたが、昨日の早朝に悲しい知らせが届きました。







そして迎えた昨日の通夜、そして本日の葬儀、いままでも多くの葬儀をおつとめさせて頂きましたが、友達の母ということ、そして僕自身も定時制高校に通ってる頃からお世話になった方だったので、お経を上げてるときに込み上げてくる物があり、しかしどうすることもできなくて・・・『せめて精一杯お経を上げて極楽浄土へお送りできるように』と思いました。
昔からのいろんな思い出がよみがえりつらかった。







亡くなられた友達の母は仕事熱心な方で、朝からうどん屋さん、夜は弁当屋さんで働かれていました。
友達の家に遊びに行ってお目にかかった際は、いつもよくして頂き、また声をかけて頂き、本当に優しい方でした。定時制高校に入学して間もない頃「宜しくお願いします」と挨拶されたことや、友達の家に深夜「飲みに行こう」と誘いに行った際は「気をつけてね」と声をかけて頂いたり、仕事が休みの際は畑仕事をされるのが趣味だったと後になって知りました。
とにかく“一生懸命”という言葉が似合う方でした。









まさか本日、そんなお世話になった方の葬儀を自分が行うとは思いもしませんでしたし、なかなか心に受け入れることもできない状態ですが、でもこれが現実だと受け止め、友達と「これからお母さんの分まで、今度は自分たちが一生懸命そして丁寧に生きていこうよ」と話しました。



なんだか、本当につらいよ。そしていままで、ありがとう。

南無阿弥陀仏
1
2
3
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
18
19
21
22
23
24
25
27
28
29
30
31
> < 03