菅一乗のブログ『往生極楽のみち』

人生を丁寧に、そして一生懸命に生きていく

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: Race  

音のないF1に衝撃を受けた先週末

毎年F1日本GPに行っていますが、いつもサーキットの滞在時間は2時間強・・・あとの時間はwork shopで酒を飲んでいるだけなので、大きくレギュレーションの変わった今年こそ真面目に観戦しようと思ってシケイン上段のチケットを確保しました。ここはコースを幅広く見渡せる良い席です。







ベッテル2014

「F1マシンの加減速はどんなものだろうか?」と思い、土曜日の予選にあわせてシケインまで行きました。実は昔からこれだけ鈴鹿に通っているのに、シケインに行ったのは初めてで、思ったよりも遠かったです。レーシングカーで走ってるとあっという間に通過するのに、歩くとなると遠い遠い。しかも1コーナー側からシケインまで登りがきつい!やっとの思いでシケインのQ2席までたどり着きました。










エリクソン2014

そんなこんなで予選が始まりましたが、今年のF1って音が全然しないんです!いつ走ってるのかわからないくらい。実際にシケインで聞いてても目の前にマシンは通過してるのに音がしない。サーキットから近いwork shopで聞いてても音がしない!逆にサポートレースのS-FJの方が音がかなりデカくて迫力があります。F1は・・・走ってるのって感じ。



あまりの静寂ぶりにカルチャーショックを受けました。私みたいに昔の人間にはなかなか受け入れられませんが、しかしこの技術が最先端の技術なので、この音に慣れるしかないのでしょう。










マクラーレンピット










ライコネん2014










二個編んどるいす

いろいろ新しいF1になかなか馴染めなかった私は、日曜日の決勝レースはサーキットから5分のwork shopのTVでビールを飲みながら観戦。なんかサーキットに行く気がしなかったです。サーキットから5分の距離でも音が全然しないんですよ!これに慣れなきゃいけないと言うことは重々承知しています。











鈴鹿裕也け

私は80年代後半や90年代前半のマシンが一番好きです。マシンやタイヤが大きくて、車高が低くて、様々なエンジンメーカーのV8、V10、V12の甲高いエンジン音響く時代です。



最後に、負傷されたビアンキ選手の回復を祈っています。









Newer Entryレースを始めるに最適な車N-ONE

Older Entry2014秋・彼岸

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。