菅一乗のブログ『往生極楽のみち』

人生を丁寧に、そして一生懸命に生きていく

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: Trip  

端島 (軍艦島)

「軍艦島に上陸できる船があるよ」と家内から教えてもらったのが9月末。調べてみると上陸できる船とそうでない船があるらしい・・・そこで上陸できる船会社に直接電話して聞いてみると『10月31日の午後からの便だったら若干空いています』とのこと。そのまま予約しました。










で、当日の天気は曇り。気温が低く風も強い。「これは船は揺れるかな~」と思っていたけど、以外と揺れなかったのが幸いでした。出発して造船所のあたりを見て回り、いよいよ軍艦島へ!船は結構なスピードで走ります。そして徐々に見えてきました!











軍艦島1

出港から30分ほどで軍艦島の周辺まで到着しました。まずは島を船でぐるりと一周してみます。その後いよいよ上陸です。











軍艦島2

そして念願の軍艦島に上陸しました!案内をされてる方から「いつ壊れてもおかしくない建物などが多いので、注意してください」と念を押されました。確かにどこを見渡しても崩壊の危機に直面しています。潮風にさらされ、また無人化による老朽化が激しく感じます。











軍艦島3











軍艦島4

この狭い島に最盛期には5,000人以上の人が住んでいたとか・・・島内には必要なものが全て揃うようにお店も多く、理容店や商店、娯楽のパチンコ屋さんもあり、そして保育園や小学校、病院もあったそうです。またテレビも普及してたらしく、島内には2店だけ電気屋さんがあったらしいですが、台風の度にテレビアンテナが倒れ、そのたびに電気屋さんはすごく儲かってたと案内の方が話されていました。
また当時の軍艦島で働いてる方々の給料はかなり良かったとも伺いました。












軍艦島5

上陸記念の証明書と石炭を頂きました。そして案内の方から「私達は運が良い」と言われ、その理由は軍艦島に上陸できるのは気象条件に左右され、年間に100日程度しかなく、1度の挑戦で上陸できたので運が良いと言われました。中には4度挑戦しても上陸できない方もいらっしゃるとか。なんとお気の毒な・・・











出港して島に上陸し、帰港するまで約3時間ちょっとの旅でしたが、大満足です!とにかくいつ壊れてもおかしくないほど崩壊寸前で老朽化しており、今のうちに行っとかないと行けなくなる、もしくは危険のため上陸できなくなる可能性もあります。軍艦島に上陸し、昭和を感じました。













Newer Entry報恩講のお勤め

Older Entryこのニオイは・・・

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。