FC2ブログ

菅一乗のブログ『往生極楽のみち』

人生を丁寧に、そして一生懸命に生きていく

Category: Buddhism  

御取越

毎年この時期は「御取越(おとりこし)」というお参りで忙しくなります。御取越ってあまりお聞きになった方はいらっしゃらないと思いますが、ご門徒様の各御家庭に出向き、御仏壇の前でお経を唱えます。いわば各御家庭の報恩講という訳です。お盆参りのように一軒一軒お参りして廻ります。










そんな御取越のお参りの最中、とあるご門徒様の家でお経をあげていました。そうしたら、後ろからすすり泣く声が聞こえてきました。お経が終わりご門徒様が壁に掛けられた先にお亡くなりになった旦那様の遺影写真を見上げながら「お父さんお経をあげて頂いて良かったね、本当に良かったね」と涙ながらに話しかけられていました。










私はそのご門徒様の涙ながらに発せられた言葉でハッと『こんな私のお経でも喜んで下さる方がいらっしゃる。もっと気を引き締め、故人やその御家族の方へ心を込めてお経をあげなきゃ』と感じました。
御取越に行った先で、改めて自分の仕事の大事さ、責任などを痛感させられる出来事でした。合掌 南無阿弥陀仏











po lin monastery

Newer Entry世間遺産町歩き

Older Entry2017報恩講

1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
> < 09