FC2ブログ

菅一乗のブログ『往生極楽のみち』

人生を丁寧に、そして一生懸命に生きていく

Category: Buddhism  

春のお彼岸

2018春彼岸1

今日(2018/03/21)は当寺にて、朝10時半より春のお彼岸が勤修されました。
あいにくの雨模様で足下の悪い中、そして季節外れの寒さもあり『皆様お越し頂けるだろうか?』と心配していましたが、そんな悪条件重なる中でも大勢の方にご参詣頂きました。











2018春彼岸2

今回の彼岸法要ではご参詣頂きました皆様でお経の練習をしました。正信偈三淘念仏和讃という、普段のお勤めよりも少し難しいお経を皆さんと勉強し、勤行では『真宗大谷派の正しい声明を学ぼう』と言うことで、本山が出してるCDを流し、正しいお経を聞きながらの勤行となりました。










2018春彼岸3

勤行が終わり休憩の後に、仏様(阿弥陀様)の前に飾っていた打敷を外し、参詣頂いてる皆様にご覧になっていただきました。実はこの打敷の裏には、本日ご参詣頂いた皆様のご両親やご先祖様の名前が地域別にしっかりと書かれており、皆様にとっては初めてお目にかかる物であり、またそこに自分の両親などの名前があるとたいそう喜んでいられたのが印象的でした。










2018春彼岸4

また、いま当寺は新しい納骨堂を建設途中ですが、その工事の際に見つかった木簡が多数あり、それも皆様にご覧になって頂きました。
古い物は江戸時代と思われる物もあり、その時代の御門徒様と当寺との深いつながりをうかがわせる歴史的に見ても貴重な物です。
漢字が難しくて読める物と読めない物がありましたが、こちらもご参詣頂いた皆様に大変喜ばれました。(写真は一部であり、その他多くの木簡が発見されました)











2018春彼岸6

彼岸法要が終わる頃には雨も上がり、カンボジアから来たお釈迦様の頭上にある、しだれ梅にもようやく花が咲き始めました。
彼岸や永代経、報恩講など当寺では一年に数回大きな法要があります。次は秋の彼岸がありますが、その前に盆参り、そして新しくできる空楽寺納骨堂の落慶法要も控えています。
私達はなぜ生きてるのか!?ご先祖様に日々感謝し、毎日を一生懸命そして丁寧に生きていかなければいけないと感じる今日この頃です。





南無阿弥陀仏

Newer Entry空楽寺 納骨堂 完成!

Older Entry当寺はお支払い時にクレジットカードが使えます

1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
> < 09