FC2ブログ

菅一乗のブログ『往生極楽のみち』

人生を丁寧に、そして一生懸命に生きていく

Category: Other  

ボリウッドはお好きですか?

KALANK.jpg


Incredible Indiaという言葉があるように、インドという国は本当に信じられないことの連続です。朝起きて夜寝るまで、一日を通して五感から入ってくるもの全てがIncredible (^o^)




大学の研修でインドに初めて訪問した際、ニューデリーの町並み、ヴァラナシに流れるガンジス川での沐浴、ブッダガヤのマハーボーディ寺院、コルカタにあるハウラー橋にマザーテレサの家・・・どれも衝撃で心に響く事ばかり。牛が聖なるものと崇められ、野良牛が至る所にいて、道路を塞いだら牛の後ろをゆっくりついてくしかありません。お陰で大渋滞!口にした料理は全てカレー(ガラムマサラ)を感じ、テレビの料理番組を見ても最後に必ずカレーパウダーをぶち込む!映画はほとんどがBollywood!





2度目のインド訪問は新婚旅行でしたが、インド南西にあるゴアという海沿いの街。キリスト教にとって非常に重要な場所でザビエルの教会などがありました。ゴアはインド北部の街とまた違ったカオス。食べ物は海沿いなので魚介類が豊富ですがここでも様々な香辛料やカレーパウダー炸裂!毎日が暑く、自分の体臭が香辛料臭くなりワキガかと思った!
ムンバイ(ボンベイ)の街は大都会だけど貧富が激しく、未だ多くカーストが残っている地域。町中に牛はほとんど見なかったけど、人と車が多すぎて大渋滞!カレー味に飽きた私達の目に飛び込んできたのは、いまや世界中どこにでもある中華レストラン。中華レストランでは神聖なる牛も料理として出てきます (^^;) でも、久々にカレーやガラムマサ等の香辛料の入ってない中華を食べたときの美味しかったこと!!





インド最終日に地元の映画館に行って見た映画がBollywood、「Ishaqzaade」という映画。


イシャクザーテ


ラブロマンスなんだけど、銃撃戦あり、踊りあり・・・実はBollywoodの映画は一本一本の映画が長く、飛行機の時間に間に合わないため途中で退席。映画の続きが気になり帰国後、「イシャクザーテ」のDVDを探すも国内では売ってない・・・秋に香港に行く用事があり、尖沙咀にある重慶大厦にたむろしてる怪しいインド人からDVDを購入 (*^_^*) ところが映像方式がPALでNTSCじゃないので日本のDVDプレーヤーでは見ることが出来ず、PCで見ました(笑)※後にNTSC/PAL両方いけるプレーヤーを購入しました。







家内と一緒に「Bollywood面白いね」と言いつつ、ヒィンドゥー語はわからず英語字幕で見るものの、内容を理解するのに何度も見直さなければいけませんでしたが、それが逆に私がBollywoodにはまったきっかけです。※多くのインド人は癖のない綺麗な英語を話します。








その後、様々な作品を見て、いまでもBollywoodで一番好きな映画は「English Vinglish」という映画。


English Vinglish


この映画と出会って以来、ますますBollywoodが面白く感じました。日本では「マダム・イン・ニューヨーク」という邦題で上映されました






そして冒頭の写真「KALANK」という映画、まだ上映前ですが、この映画も凄く面白そうです。いまはDVDやBlu-rayを買わなくてもネットで映画を見られる時代ですね。皆様御存知の通りBoolywoodは本家Hollywoodを超えた!?とまで言われています。インド映画の奥深さ、そしてその背景にあるインドという信じられない事が連続で起こる国、映画を通じそんなインドの日常を垣間見ることが楽しくもあり、考えさせられることもあります。







インド、一度は行ってみることをオススメします。Incredible India



























Newer Entry2019春彼岸

Older Entry合瀬耳納トンネル開通

1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
> < 11