FC2ブログ

菅一乗のブログ『往生極楽のみち』

人生を丁寧に、そして一生懸命に生きていく

Category: Buddhism  

新型肺炎の影響で葬儀も難しくなってきました

今日のスポニチニュースから

愛媛県は31日、松山市で通夜・葬儀に参加した50~80代の男女4人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。先月22、23日に営まれた通夜と葬儀の両方かいずれかに参列。50代男性と60代男性、80代男性、80代女性が現在入院しており、80代の男女2人はいずれも発熱の症状がある。80代女性と50代男性は同居しているという。
生前に交流のあった人がお別れを言う場の葬儀は多くの人が遠方から集まるため、元々集団感染の場となる懸念があった。日本より深刻な感染拡大状況にあるイタリアなどでは現在、葬儀を行うことも禁止されている。

愛媛県のケースでは、29日に栃木県で陽性が確認された東京都在住の60代男性が同じ通夜や葬儀に参列していた。この陽性確認を受け、栃木県から愛媛県に連絡が入り、参列者に検査を実施したところ、30日夜に陽性が判明した。通夜、会食、葬儀関係の参加者は21人。愛媛県内在住者は13人で、感染した4人を含む7人の検査は既に実施した。

栃木県で確認された男性は23日にせきが出て医療機関を受診。この男性から参列者に広まった可能性が高い。

集団感染が起こりやすい条件は「3密」とされており、(1)密閉(2)密集(3)密な接触――を避けることが指摘されている。多くの人が参列し、会食などを行う葬儀も当てはまる。29日に東京へ出掛けることを控えるように県民に呼び掛けた埼玉県の大野元裕知事は「県外で葬儀で感染が広がった例が報告されている」として、出席人数を減らすなどの工夫をするよう求めている。

ほかに、海外では、礼拝や集会などの宗教儀式も取り締まりの対象。韓国では新興宗教団体の集まりから感染が拡大。米フロリダ州の警察当局は30日、新型コロナウイルス感染防止策として事実上の外出禁止令が出る中、信徒を集め教会で礼拝を続けていたとして、不法集会などの疑いでキリスト教右派の福音派の牧師を逮捕した。警察は「数百人の信徒を生命の危険にさらした」と非難した。



上記ニュースのことは僕自身も危惧してたことで、葬儀場は「密閉・密集・密接」の3蜜を回避したくても難しい。お坊さんがマスクをしたままお経を上げるのは如何なものかと僕は思うのですが・・・本当に難しいことになってきました。
1,葬儀場は窓のないところが多い。
2,普段から線香や香の煙が充満し咳き込む人が多い。
3,参列される方は比較的高齢者が多い。
4,横の方と席(距離)も近い。
職業柄、おうち時間 とか STAYHOME とか言えない場合があるので、どうすれば良いのだろう

Newer Entryマレーシアの友人がSNSで使ってた画像

Older Entry今日の葬儀で思ったこと

1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
> < 06