菅一乗のブログ『往生極楽のみち』

人生を丁寧に、そして一生懸命に生きていく

Category: Other  

謹賀新年

330_6.jpg


新春のおよろこびを申し上げます
皆様におかれましては良き新年をお迎えのことと存じます。
昨年中は並々ならぬご厚情を賜り、厚く御礼申し上げます。
本年も昨年同様、ご指導の程よろしくお願いいたします。
皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。


                                      菅 一乗
Category: 名称未設定_0  

御挨拶

今年も早いもので、年末のご挨拶をさせていただく時期となりました。
皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。





本年は本業である寺院や、また自動車レース関係のお仕事など公私にわたり、特段のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
来年も誠心誠意努力していく所存ですので、より一層のご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。





時節柄、ご多忙のことと存じます。くれぐれも体調などお崩しになられぬようお気をつけくださいませ。来年も相変わらぬご高配を頂けますようお願い申し上げて、歳末のご挨拶とさせて頂きます。
それではよいお年をお過ごしくださいませ。

Category: Other  

寒い日が続きます

毎日、寒い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?今年は例年に比べ寒くなるのが早いようです。気分的には1月末の寒さに似てる気がします。









私の家は今朝、今シーズン2度目の-5度でした!日田市内の観測所よりだいたい冬は-2度ほど寒く、逆に夏場は+2度ほど高いのが私の住んでる町です。それだけ過酷な環境ですが、この地域にお住まいの皆様はシーズン通して元気な方が多いです!
しかし、寒いのと暑いのどちらが良いですか?と高齢者の方に質問すると意外や意外、「どちらも嫌」と言う答えが多いです(笑)











IMG20171228100134.jpg

今朝の駐車場です。なぜか氷が下から上に伸びています!?不思議な現象ですね。










IMG20171228100141.jpg

駐車場に水道がありますが極寒の地ですので、凍結防止の水栓をつけて頂いています。通常は水がしっかりと止まるのですが、凍結して膨張した場合のみ若干水栓が開き、水がとろとろと流れる仕組みです。
水がわずかに流れることにより、水道管の中にかかる圧力を逃がしてあげる構造です。=水道管が爆発しない仕組みです。










まだ12月です。1月・2月は通常でしたらもっと寒さが厳しくなる方向です。どうか皆様におかれましては、風邪など引かれませぬよう、ご自愛くださいませ。
Category: Trip  

世間遺産町歩き

「世間遺産」という町歩きのイベントが地元で開催されたので家内と一緒に参加してきました。

IMG20171216094722.jpg

清酒「角の井」、焼酎「百助」で有名な井上酒造をスタートし、隣接する元大蔵大臣”井上準之助”生家を訪ねました。(井上準之助生家は撮影禁止)










IMG20171216095122.jpg










IMG20171216100604.jpg

酒類は現金 掛売はおことわりします。と書かれた昔ながらの看板が良いですね!










IMG20171216101849.jpg

酒蔵では日本酒の作り方(仕込み方)を井上酒造の専務様に教えて頂きました。大変手間のかかる工程ですが、手間暇かけるからこそ美味しい日本酒が出来上がるのだそうです。東北のお酒が流行る今の時代。淡麗、辛口、飲みやすい、、、、、しかし、九州の食には九州のお酒と言うのが専務様の考えで、お話を伺い私も同感でした。










IMG20171216102214.jpg

古く歴史ある酒蔵です。今も昔も、美味しい日本酒を造るというのは大変な作業だと感じました。








IMG20171216102348.jpg

古い酒蔵の天井には、当時酒蔵を作った職人さんの名前が書かれていました。歴史を感じずにはいられません。










IMG20171216102419.jpg

また、この酒蔵の建築技術がすごいこと!釘一本使わずにくみ上げていった蔵で、尚且つ作業場に縦の柱がないのが特徴です。当時の大工さんは、どのようにしてこんな建築技術を学んだのでしょうか・・・?










IMG20171216113744.jpg

その後、地元の保育園に行きましたら、ちょうど餅つきをしていました。










IMG20171216094543.jpg










IMG20171216114157.jpg










IMG20171216120459.jpg

その後、参加された皆様と一緒に7月の豪雨災害の爪痕を見て回りました。未だ手つかずの場所が多く、そして復旧・復興には遠い道のりです。この水害を機に、待ちに引越された御家庭も多くあるのも事実です。










IMG20171216122640.jpg










IMG20171216122645.jpg









IMG20171216123727.jpg










IMG20171216124722.jpg

それから、国指定有形登録文化財である井上家滴翠園まで皆様とゆっくり歩きました。









IMG20171216124848.jpg

井上家滴翠園は新築時、外壁は真白でピンク色の木枠という斬新な配色だったようです。戦時中は空襲を逃れるため黒く塗られていたとのこと。戦後70年を過ぎた辺りから現在のグレーの色に変わってきたとのことでした。時代を感じます。ここは珍しい洋館です。










IMG20171216125451.jpg

井上家滴翠園は築100年以上の古い建物ですが、和洋混じった珍しい作りで、ドラマのロケ地にもなったほどです。










IMG20171216134738.jpg

最後は井上家滴翠園で大分県議“井上あきお”議員、日田市長“原田 啓介”様、市役所で勤務されてる各部門の責任者と参加者の皆様との意見交換会が行われました。










緑の山に囲まれ、綺麗な川が流れ、田畑は潤い、美味しい酒もある。皆様も私の地元、大分県日田市大鶴地区にぜひお越し下さいませ。
Category: Buddhism  

御取越

毎年この時期は「御取越(おとりこし)」というお参りで忙しくなります。御取越ってあまりお聞きになった方はいらっしゃらないと思いますが、ご門徒様の各御家庭に出向き、御仏壇の前でお経を唱えます。いわば各御家庭の報恩講という訳です。お盆参りのように一軒一軒お参りして廻ります。










そんな御取越のお参りの最中、とあるご門徒様の家でお経をあげていました。そうしたら、後ろからすすり泣く声が聞こえてきました。お経が終わりご門徒様が壁に掛けられた先にお亡くなりになった旦那様の遺影写真を見上げながら「お父さんお経をあげて頂いて良かったね、本当に良かったね」と涙ながらに話しかけられていました。










私はそのご門徒様の涙ながらに発せられた言葉でハッと『こんな私のお経でも喜んで下さる方がいらっしゃる。もっと気を引き締め、故人やその御家族の方へ心を込めてお経をあげなきゃ』と感じました。
御取越に行った先で、改めて自分の仕事の大事さ、責任などを痛感させられる出来事でした。合掌 南無阿弥陀仏











po lin monastery

1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
> < 02