FC2ブログ

菅一乗のブログ『往生極楽のみち』

人生を丁寧に、そして一生懸命に生きていく

Category: Other  

2021新年おめでとうございます

2021年賀

旧年中はひとかたならぬご厚情を頂きありがとうございました。
新型コロナウイルス感染症の終息を願うとともに、皆様にとって幸多き一年となりますよう心よりお祈り申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

令和三年 元旦





昨年見た写真の中で心に響いた一枚だったので年賀状にしました。
場所は台湾。応援してる台湾プロ野球の楽天Monkeysの試合開始前に5機のミラージュ2000と思われる空軍機が編隊飛行し、それに敬礼する応援団長、見守る選手団と観客。
平和ボケした日本に生きる私にとって、まさに「愛国心」そして緊迫した東アジア情勢と言うことを再考させられる一枚でした。


Category: Buddhism  

除夜の鐘

IMG20201231135744.jpg


今年の除夜の鐘は新型コロナウイルス感染症まん延防止のため本堂を閉鎖することになりましたが、鐘はご自由におつき頂けます。






IMG20201231135815.jpg

3密防止のため人との距離はできるだけ2mあけ、鐘をつく前後で手指の消毒、鐘をつくときもマスクを着用をお願いいたします。






IMG20201231120915.jpg


当寺ではこの大変な状況の中、医療を続けてくださっている医療従事者の皆様、そして支えるご家族の皆様に心から感謝の気持ちをお伝えするとともに、新型コロナウイルス感染症の1日も早い終息をお祈りしています。


今年も一年間、大変お世話になりました。どうぞ良い年をお迎えくださいませ。
Category: Buddhism  

園児と一緒にお経の勉強

IMG20201221131908.jpg


毎年この時期は保育園に出向き、園児にお経を教えています。(※写真は園便りから)



経本は漢字も多く、ふりがなが付いてるものの大人ですら最初は読みにくいもの。子供たちにとっては更にハードルが高いと感じますが、感心するのは子供たちって何事も覚えるのが早い!お経もあっという間に覚えていき、スラスラ読めるようになります。どう表現すればいいのか難しいのですが、聞いて音で覚えていく感じです。




数週間、保育園で経を学び、最後は全員お寺に来て阿弥陀様の前でお経を上げます。それは11月28日が宗祖親鸞聖人の御命日であり報恩講という行事があります。その時期に子供たちも寺に集まり子供報恩講を勤修します。



この子供報恩講を持って一旦お経の練習は終わります。
子供たちが大きくなって何らかのきっかけでお経を聞いたとき、お経や練習したことを思い出してくれると良いなと思う今日この頃です。ヾ(o´∀`o)ノ



南無阿弥陀仏

Category: Buddhism  

除夜の鐘、どうすべきか・・・

いま寺院として一つの悩みを抱えています。


それは年末の除夜の鐘をどうするか?


一向に収まらない新型コロナウイルス感染症、今年は春・秋彼岸、盆参り、そして親鸞聖人の御命日、報恩講のお勤めさえ出来ませんでした。要はお寺として何の法要も出来なかったと言うことです。

正直言うと他の職業同様、お寺の経営は非常に厳しいものがあります。相次ぐ法事のキャンセル、お参りの見送り、密を考え出来なかった行事、簡素化された葬儀など、お寺がお寺としてやっていけないところまで来ました。苦しいを通り越して非常に厳しい現実。


例年、除夜の鐘ではお越し頂いた皆様に本堂を開放し、暖を取って頂いてから鐘をついて頂くのですが、寒いので密になりやすい問題を抱えています。
ソーシャルディスタンシングを考えタタミ一畳に1人とか言われたら、例年の人数はとても入れません!



例年通りの除夜の鐘は出来ないと考えていますが、本堂を閉じて鐘をつきたい方だけついて頂くか、もしくは今年はコロナウイルス感染拡大防止を考慮し全て辞めてしまうのか・・・本当に悩ましい限りです。



Category: Other  

危うく車両火災になるところだった

ガソリン臭いな~と思ってたけど、まさか本当に漏れてたとは!!!


IMG20201115092802.jpg






これバッテリーなんですが、よく見てみると下側が溶けてしまってる(-_-)




IMG20201115092812.jpg




漏れたガソリンがバッテリーを置いてるところに流れ込み、その状態に気づかずエンジン始動しようとしたら電圧が低い。
おかしいな?と思いつつ、バッテリーを充電することに。


ところが充電しても電圧は上がらず・・・バッテリーが終わったかと思い、取り外してみるとあらびっくり!


充電器につないだままだったら本当に危なかった!


車両火災は若い頃に懲りてるはずなのに、改めて気を引き締めないといけませんね。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 03