菅一乗のブログ『往生極楽のみち』

人生を丁寧に、そして一生懸命に生きていく

Category: Buddhism  

生きるということ

人を亡くすことの悲しさ、特に身近な方ならば、なおさら亡くした人でないとわからないと思います。
人の死は、頭の中でわかっていても納得できませんし、親族の方にとってはなかなか受け入れられないものです。皆様かならずと言っていいほど、大事な人を亡くして、初めてその人の大切さに気づくと仰います。



私は職業柄、いままで数多くの葬儀に携わってきました。
最近感じるのは大切な方が亡くなられて親族や友人がどんなに集まって嘆き悲しんでも、どうしようもく、そして、はかない人の人生は高齢の方が先とか、若い方が後で亡くなるとか決まっていません。



老いと病、そして死は誰にでも起こりうることです。
だからこそいま生きてる(生かされている)私達は自身に訪れる“死”と向き合い、今を、この瞬間を精一杯、力強く丁寧に生きていかなければならないのだと感じます。



一昨日に携わった葬儀、細かい内容は書きませんが、若い父と母が流した涙。その涙で濡れた斎場の床。営業時間最後に斎場を予約した理由。私は一生忘れることがないでしょう。
ただただいま言えるのは「南無阿弥陀仏」の六つの字です。


改めまして心からお悔やみ申し上げます。


尽きせぬ命の仏に帰命し、果てなき光の仏に帰命す

Category: Other  

いまこそ恩返しの時!台湾加油!

2月6日(火)午後11時50分(日本時間7日午前0時50分)ごろ、台湾東部・花蓮県の沿岸を震源とするマグニチュード6・0の地震がありました。被害の全容がまだ見えてきませんが、何よりも地震により被災されました皆様に、謹んでお見舞い申し上げますとともに、犠牲になられました方々とご遺族の皆様に対し謹んでお悔やみ申し上げます。当地におかれましては、皆様の安全、そして一日も早い復興を心からお祈り申し上げます。



台湾の方々には東日本大震災、熊本地震の際、多額の義援金や寄付金そして日本に多くの支援を頂きました。私はいまこそ恩返しの時が来たのではないかと思います!


私も募金を考えてインターネットで検索してみました。いま現在ではまだ募集されてるところはないようですが、これから様々なところで募金の受付が始まると思います。私も微力ながらお手伝いさせていただこうと思います。


そして、皆さん台湾に行きませんか?台湾に行って観光し、美味しいものを食べ、素晴らしい文化を見て、沢山買い物し、現地にお金を落としましょうよ!(直接支援する意味で)



Pray for Taiwan.
台湾加油!
I love Taiwan. We love Taiwan.









Category: Buddhism  

冬の仏教婦人会

山門の待つ

毎日寒い日が続いていますが、造園業者の方が3日間かけて松の剪定お越しくださいました。
聞くところによると松は寒い時期に剪定するらしいのですが、暖かい時期に剪定すると枯れたり腐ったりするとのこと。ということで1年で一番寒いこの時期に剪定するのが良いと言うことを造園業の方から教えて頂きました。
おかげさまで山門の松も綺麗になりました。人間で言う散髪みたいなものでしょうか!?












仏教婦人会2018

そして昨日(1月28日)は当寺の本堂で冬の仏教婦人会が勤修されました。
とても寒く雨の降る中、大勢の方にお越し頂きました。
婦人会という名の通り男性の参詣者はいらっしゃいませんが、仏教婦人会の面白いところは勤行・法話の後にくじ引きがあることです。婦人会の皆様が持ち寄った景品に番号をつけ、くじを引くシステムです。
くじ引きですので欲しい景品が当たらなかったとしても、隣近所にお座りの方と物々交換してるのは言うまでもありません!そういったところに御婦人方のたくましさを感じます。

しかしなぜ仏教婦人会は冬は一番寒い時期、夏は一番暑い時期に開催されるのでしょうか・・・!?





私はといいますと・・・仏教婦人会の日は怪我をして寝込んでいました。ご参詣頂きました皆様には大変ご迷惑をお掛けしましたことをお詫び申し上げます。


Category: Other  

不具合のお知らせ

不具合のお知らせです。


いつも『往生極楽のみち』を拝読いただきありがとうございます。


少し以前から「インターネットエクスプローラー(IE)で、記事がうまく表示されません」というご指摘を数件頂きました。私もブログをアップした後に記事を確認しましたところ、うまく表示されていないことに気づきました。そこで、FC2ブログへ問題を問い合わせ、対策をご教示頂きましたが、現状うまく反映されません。


問題が起きてるのは、記事は読めるけれど、その記事に埋め込んだ動画や音声が表示されず、その部分だけ画面が真っ黒に表示されるという問題です。


記事が表示されないのはIEだけのようで、Google ChromeFirefoxでは問題なく表示されるようです。


ご迷惑をお掛けし申し訳ございませんが、対策を調べています。引続き、『往生極楽のみち』をどうぞ宜しくお願い申し上げます。

Category: Buddhism  

毎日のお勤め

私は毎日お経をあげるのですが、数あるお経の中でも「正信念仏偈(しょうしんねんぶつげ)」、略して「正信偈(しょうしんげ)」というお経をあげます。










この正信偈、大別すると2つの部分からなり、初めの部分は本願を信じ念仏を正信する道の広大なことを讃歎し、後の部分はこの教えを伝承したインド・中国・日本の7人のお坊さん(七高僧)の教えを網要を記してその徳を讃歎しています。
この正信偈は親鸞聖人が書かれた「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」という巻物に書かれています。また真宗門徒の皆様の朝夕のお勤めでも読誦(どくじゅ)されています。











休日にでも、時間のある時にお経を聞いてみるのもよいかもしれません。なぜか心がスーッとした感じになります。













1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
> < 04